香川県訪問入浴の就職・転職先を探す方法は?

  • 香川県訪問入浴の求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護福祉士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。



ホームヘルパーの就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • ホームヘルパーの就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

    カイゴジョブ申込み

    介護職求人

介護職の求人は、転職支援サイトで見つける

転職支援サイトに登録すると、夜勤なしの求人情報や非公開の求人情報を教えてくれるだけでなく、たくさんの手厚いサポートをしてくれます。
だからこそ、介護福祉施設の中でもお給料が高い介護施設、雰囲気のいい介護施設に、より早く就職・転職できるんです。

介護職の転職・就職に詳しい転職のプロに頼むメリット

介護職員さんの転職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の転職を実現するためのお手伝いをしてくれます。


夜勤なしのお仕事を探しているあなたの希望条件に見合った求人を提供してくれます。

インターネットや雑誌で夜勤なしの求人や募集情報を探す時、「もっと深い情報や現場の情報が欲しい」と思ったことはないですか?
転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

これで、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、夜勤なしの介護士求人の中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
後悔のない、納得の転職が実現できるのです!


転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。

面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ